敏感肌の特徴と化粧品選び

 

季節の変わり目やストレス、生理前や化粧品を新しくしたときなどに肌荒れする方は、敏感肌の可能性があります。
肌質は、普通肌、オイリー肌、乾燥肌などに分けられ専用の化粧品が販売されていますが、同じように敏感肌も肌質の一種としてカテゴライズされています。

 

敏感肌に悩まされている方は非常に多く、肌トラブルを起こさないよう様々な工夫を行っています。
敏感肌に向けて作られた化粧品は、肌への刺激が低いことが特徴です。

 

一般的な化粧品は香料や着色料、鉱物油や保存料といった添加物が入っていますが、敏感肌に向けて作られた化粧品には、これらの肌に負担がかかり易い成分が入っていないため、穏やかに肌を潤すことが可能です。

 

敏感肌の方が肌トラブルを起こすきっかけには個人差があり、その原因には様々なものがあります。
どのような原因で肌がトラブルを起こすかを知るためには、アレルギーテストやパッチテストが有効です。

 

特に、パッチテストは、新しく化粧品を試す際の肌トラブルを防ぐために、敏感肌の方にはおすすめします。

 

肌の柔らかいところに化粧品を塗布し、48時間ほど経過してアレルギー症状が出ているかどうかを確認するテスト方法で、これを行ってから化粧品を使用し始めると敏感肌の方でも安心です。

 

敏感肌用の化粧品は多くのメーカーから販売されています。
アイテムとしては、クレンジングや洗顔料、化粧水、乳液、クリームや美容液などの基礎化粧品の他、日焼け止めやファンデーション、リップやチークなどがあります。

 

特に、日焼け止めは肌が敏感な方にとってマストアイテムとも言えますが、敏感肌の日焼け止め選びには注意が必要です。

 

敏感肌の方はSPF値の高い日焼け止めを使用すると肌トラブルを起こすことがありますし、紫外線防止剤である、紫外線吸収剤が入っているものには特に注意が必要です。

 

肌が弱い方には紫外線を吸収させて防止する方法は適しておらず、散乱させて防止する、紫外線散乱剤配合のタイプが適しています。

 

紫外線散乱剤配合の日焼け止めは、敏感肌向けブランドからも販売されていますし、大手メーカーの日焼け止めブランドがからも販売されています。
多少SPF値が低くても、こまめに塗りなおせば問題ありませんし、むしろその方が肌に負担が少なく日焼け止め効果も高いといわれています。

 

ファンデーションのUVカット機能にも同じことが言えます。
紫外線散乱剤配合のファンデーションを選べば、肌に優しく紫外線を防ぐことが可能です。