産後敏感肌になりましたが、少しずつ改善

 

10代の後半くらいから私の肌って敏感肌だなと感じる様になりました。しかし10代の頃はまだ日常生活の中でフルメイクをする事が多くはなかったので、それほど敏感肌で困る事はありませんでした。

 

ところが、社会人となり毎日メイクをする生活になった時に、基礎化粧品からフルメイクのセットをそろえましたが、なんと殆どのものが自分に合わないと感じたのです。
当時はまだ日本ではオーガニック化粧品や敏感肌専用の基礎化粧品もあまりなくて、友人たちとの化粧品の買い物で、ついその時の流行の外国製化粧品を購入した事が、結果私の肌には刺激が多かったようで、特に化粧品とファンデショーンが使えなくなりました。
(乳液やアイシャドウ、チークなどは何とか使いました)

 

初めてと言える基礎化粧品やメイク用品の買い物を経て、自分が本当に敏感な肌だと感じたのです。
また当時は友人の家に泊めてもらう事も多かったのですが、メイク落とした化粧水は必ず自分のものを持参しないといけなのも、周りの友人を含めて私だけでしたので、友人の中もで私が敏感肌だというイメージが強かったようです。

 

基礎化粧品やフルメイクをする様になりなり、数年が経過するとすっかり自分自身の肌にあうものが分かりました。
その後、結婚して妊娠して、産後は一気にもっと敏感肌になってしまい、何を使ったらいいのか?悩む事もありましたが、産後はベビー用品を顔につけて、メイクをする事はありませんでした(それ位肌が敏感でした)

 

その後、皮膚科が勧める基礎化粧品などを使って、何とか敏感な肌なりにメイクも出来るようになりましたが、その数年後に一気に世の中にオイル美容ブームが来ました。

 

同じく敏感肌の友人は自分に合っているオイルを見つけられて、それからは一気に乾燥肌も敏感肌も改善したと言っていたので、私もオイルを使いたいと思った事が私がオイル美容と出会った事がきっかけでした。

 

何種類かのオイルを使ってみましたが、今は私の肌に凄く合っているものを見つける事ができました。
使い方は私の場合は一番最初にオイルをつけます(化粧水の前です)顔から首全体にオイルを数滴伸ばしていきます。
その後は化粧水(同じメーカーのもの)をつけます。

 

たったこの2つの工程でかなり敏感な肌が改善して、今は海外製のUVもファンでも問題なく使用する事が出来ています。
敏感肌でも自分の肌に合っている化粧品の出会う事が出来れば、段々と改善していくと感じています。